repairing 帽子のお直し

I have been asked to alter inside the hat for the Miss Unemes. They promote City of Koriyama.

郡山のミスうねめのユニフォームのお帽子のサイズが当たるという事で、タカコさんからおお直し依頼のお電話がありました。

タカコさんは、ミスうねめのユニフォームのデザインをされていて、今回も第43代目新しいミスうねめ達が誕生したばかりです。

前回、新しいミスたちのために、持ち回りの帽子のつぶれているのをアイロンで型直したばかりでしたが、今回は、サイズの方でした。

 

Inside the double brim is coming up, because the end of wire poking the head band.

内側のすべりの部分が、持ち上がってきているのは、つばの重なり部分のワイヤーが

どうしても生地を持ち上げてしまうんですね。

 

 

 

 

I stitch the costmetic cotton on the edge of the brim to cover up the wire. 

Had to use the thin and padded material to not disturb the hat size.

肌にも優しく、サイズも変えないようにと化粧コットンをワイヤーの端っこを

カバーするのに使用してみました。

 

 

 

 

 

I was using single thread to make the stitch as invisible as possible.

今回は1本取りの糸で、外にステッチが出ないように、気をつけながら、

芯をしっかり取りながら、ステッチしてみました。

 

 

 

 

 

Voila, no more poking head band inside the hat!

I hope the miss Uneme will promote Koriyama well!

ほら、サイズ元が落着いたので、すべりももう持ち上がっていません。

これで、ミスうねめが郡山を大いに宣伝してきてくれればと思います!

 

 

 

From this Friday till Tuesday I will be doing the exhibition in Kooriyama.

Have lots of preparetion….

http://www.onoya.com/event/index.php

週末から展示会ですが、お時間あればいらしてください。やる事山積み。。いつもながら。。

http://www.onoya.com/event/index.php

Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.